スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Luang Prabang-2012] ルアンプラバンで托鉢見学!

次の休みはブータンに行こうと思っていたのですが、色々とわけあって行けなくなってしまい、かなり残念なのですが、きっとその次の休みには!と、思い、ブログの更新を進めます(笑)

さて、ルアンプラバンと言えば托鉢・・・ですよね・・・と言ってしまうのはやっぱり私は根っからの観光客ということになるのでしょうか。3年前に来た時も、托鉢見てみたい!と思ってかなり朝早く起きたわけですが、今回も一応ね、ということで行ってきました。このブログは、あまり深いことを考えるために書いているわけではないので、こういうこと書くものなんなのですが、それにしても、托鉢に行くと、観光地化とか、そこに群がる私を含めての観光客とか、色々なことを考えてしまいます。

さて、今回もやっぱりかなり早起きをして、まだ暗い中、メインストリートに向かいます。ラオスに住んでいた友達に言わせると、メインストリートでは「本物」の托鉢は見られない、ということなのですが、所詮観光客な私、なのでしょう。

面白いなと思ったのは、托鉢が始まるまでの「観光客ご一行様」の様子。まず、○○人が中型バス3台でメインストリートに登場。それまで待っていた人の前にバスが止まり、ちょっともめる。たくさんモン人が来て、あれやこれやと売ろうとする。ヨーロッパ系のおばさん達が、こんなにいわんわい!と食べ物を投げ返す。おばさんは、正座ができず、イスの上にしか座れないので、イスに座っていると、お坊さんに失礼だから、イスには座らない方が良いと、他の外国人から言われ、口論。可愛い坊主がいたからと、無理矢理とめて写真を撮る◎◎人。それをやめろやと制止する◉◉人。

要は、みな、私を含めて、本当のことは分からない観光客の集まり。そんな観光客一団の「コレ、常識、ソレ、非常識」が渦巻く中、托鉢開始。

P1060708.jpg

P1060732.jpg

申し訳ないけれど、エレクトリカル・パレードのような、そんな感じになってしまう、それは、観光客のせいなのだろうか、もしかしたら、依存している経済のせいなのだろうか、あるいは、そんなもんなのかも。

観光地に行くと、やはり観光客の自分として、色々なことを考えてしまうのですが、ちょっとの憂鬱と、やっぱり托鉢面白いね!と、ちょっとの満足感が入り交じった、そんな朝でした。
スポンサーサイト

[Luang Prabang-2012] レストラン「エレファント」でディナー。

この日は、ルアンプラバン最後の晩餐ということで、リッチに行くことにしました(とは言え、ここはラオス。高価といっても、それほど・・・だとは思いますが)。

P1060755_20120804225429.jpg
3年前にもやっぱり来たレストラン「エレファント」。フレンス料理とラオス料理のフュージョンということでしょうか。

P1060772_20120804225428.jpg
席は、バルコニーにしてもらいました。半開放的な感じでとても良い。

P1060790_20120804225252.jpg
ルアンプラバン最後の夜にジュースで乾杯!

P1060791_20120804225251.jpg


さくっと料理を紹介します(主に、写真のみで)
P1060794_20120804225250.jpg

P1060797_20120804225248.jpg

P1060800_20120804225430.jpg

P1060795_20120804225249.jpg

2人で軽めに頂きました。こちらも思い出のあるレストランなので、またルアンプラバンに来ることにできたね、となんとなく嬉しくなりました。美味しく頂いた後は、メコン川の川沿いを歩いて、ホテルに帰りました。

[Luang Prabang-2012] Tamarind Cafeでヘルシーランチ

それにしても、アップしなくちゃならない記事がたくさんあって、間に合わないな・・・
ま、記事を書いてくこと自体、旅行気分にしてくれるので、年がら年中旅行しているみたいで良いですよね。




この日は、「Tamarid Cafe」というオーストラリア人の女性が切り盛りしているレストランに行こう!ということになりました。このレストラン、3年前にも行っていて、美味しかった思い出が。

でも、行ってみると、場所が移転していることが判明。ということで、新しく移転した場所に移動です。移転先は、メコン川ではなく、その支流のナムカーン川沿い。

tamarindcafe1.jpeg

川沿いということで、そりゃテラス席でしょ(ま、座っちゃうと見えないんですけどね)。ということでバルコニーに座ります(ちょっと暑いけど、景観と雰囲気のために我慢です、笑)。

tamarindcafe2.jpeg
外観は、クリーム色と薄緑色で、なかなか良いコーディネーション。

中から見ると、こんな感じ。
tamarindcafe3.jpeg

まずは、大好物のレモングラスジュースで乾杯!
tamarindcafe6.jpeg

メインは、こちらの2つのプレート。
tamarindcafe4.jpeg

tamarindcafe5.jpeg

ディッピング・プラッターと呼ばれていて、おかずを巻いたり、浸けたりして食べるのが、楽しい! これに、カオニャオがついて、これまたディップして食べる。重たくなくて、ちょっと観光客にもやさしいラオス料理という感じ。とても美味しく頂きました。

[Luang Prabang-2012] カオピヤックを食べよう!

2週間ほど旅行に行っていたので、更新がしばらくぶりになってしまいました。ルアンプラバンの後にも、まだちょこっとバンコク編が残っているというのに、更新が間に合いませんね(笑)

ーーー

さて、今日のランチは、ちょっとローカルに行こう!

ということで、この日は、ワットシェーンの近くにあるカオピヤックのお店に行くことにしました。

4.jpeg

こちらは、食べ終わった後に撮った外観。私たちが食べている時は、誰もいなかったのですが、気づいたら人がたくさんになっていました。時間帯がよかったのかな、ゆっくりと静かに食べることができました。

ローカルだぜぃ!ときめこんでみたものの・・・
3.jpeg
きっとだれかが書いてくれたであろう日本語のご案内が(笑)ここには、カオピヤックとは、「ラオスのうどん」と書いてありますね。ものの本には、「鶏のダシでトロトロになるまで煮込んだスープに米の白い麺を入れたもの」とありました。

で、それがこれ。
2.jpeg
確かに、そうかもしれません。私的には、このたっぷりのカリカリに揚げたニンニクがグーと思いました。味は、うどんと言えばうどん。そうじゃないと言えばそうじゃない(ま、うどんは米ではないですからね)。

5.jpeg
で、またまたものの本によれば、このおこしを入れて食べるのが、ルアンプラバン風だとか。確かに、このカリカリ感、スープに浸けた時のしっとり感が大変よろしい。

そういえばこのおこし、通りで干されていましたね。
6.jpg

そして、こちらが、トッピング。お好みで。
1.jpeg

よく分からないものであったで、スプーンにちょこっと入れて味を確認しながら、使いました。そういうのがちょっと面白かったりして、好きなんです。お店の人も、日本人に慣れていましたが、とても親切で、こちらもあちらも、色々な手段でコミュニケーションを取ったりして、結構楽しかったです。

私は、上級トラベラーではないので(笑)超ローカルというわけにはいきませんが、これぐらいの「距離感」が旅行先でのドキドキ感を刺激するのに、ちょうどいいかもしれません。

[Luang Prabang-2012] プーシーの丘にのぼる。

3年前、ルアンプラバンに来た時にも、もちろん登ったプーシーの丘。今回も、てくてくてくと、328段の階段を上がって目指します。

foodpic2465867.jpg


ちょっと上って振り返ると、国立博物館が見えます。
foodpic2465869.jpg
前回は入ったけど、今回は行きませんでしたね。


中腹ぐらいで2000キップ払って、更に更に登っていきます。

P1040404.jpg



てくてくてくてく登っていくと、頂上には、タートチョムシー。伝説によれば、「アマ・ルーシー」と「ニョティカ・ルーシー」という2人の仙人が、神様に導かれてこの山に辿り着き、ルアンプラバンの町を造ったという(地球の歩き方ラオスから抜粋)。けっこう大切な場所だったのですね。

foodpic2465874.jpg

ここの山は、150メートル程度の「丘」ということなのですが、海抜は、700メートルにもなるそうな(ルアンプラバン自体が山の中にあるということでしょうか)。ここからは、ルアンプラバンの町を一望することができます。

foodpic2465878.jpg


ルアンプラバンの町を上から見ることを堪能した後は、別のルートで下山します。

foodpic2465882.jpg

ナムカーン川も。
foodpic2465886.jpg

それから、3年前にもありましたが、この丘の麓には、学校併設の僧院があって、小僧さんたちが下山ルートに座っています。話をしてみると、今日は学校が休みなので、観光客と英語で話をして、語学力と見識をあげてくるようにと言われていたそうです。私の旅行は、あまりローカルなものを目指しているものではないので、こういう人とのふれあいは、本当に貴重なもの。とても楽しい時間を過ごすことができました。
プロフィール

tabigata

Author:tabigata

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。