スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャセイパシフィック バンコクから香港へ!

というわけで、今日から2泊3日の予定で台北なのですが、キャセイで香港経由で行くことにしました。旅程としては、3日後にはまたバンコクに帰ってくるので、計4回のキャセイでのフライトということになりますねぇ。飛行機大好きです。

まず、1レグ目なわけですが、シートは、あの斜めのやつです。
P6281985.jpg
ずっと乗ってみたかったのですが、なかったですね。スペースをうまく使っていて、プライベートな空間を作り上げていますよね。ライトブルーとグレイは、私の好きな色調。とても幸せな気分でございます。あまり飲める口ではないし、今日はたっぷり食べる予定なので、ウェルカムドリンクは、水。出発を待ちます!

P6282000.jpg
出発前だったかなー。あちこちいじくって遊ばせてもらいます。大きなスクリーンで素敵な映画タイム!と思ったのですが、短距離のフライトなので、2時間映画は無理でした。

P6281991.jpg
パソコンとかバチバチしたいときとか、電源があると良いですよね。短いフライトですが、ビーンとやってリクライニングしなくては。

さて、ちょい遅れでテイクオフします。

P6282045.jpg
安定飛行に入って、CAさん達がテキパキと仕事をし始めます(てゆうか、本当に忙しそうでした) ウェルカムドリンクは水でしたが、今回は、シグニチャーのキャセイのドリンクを頂きましょう!さわやかでとてもリフレッシーなお味でした。

P6282018.jpg
では、お待ちかねの機内食の登場です! 短時間のフライトですので、もちろんワンプレートなのですが、やっぱり機上の食事は、テンション上がりますよね。

P6282021.jpg
オントレイは、ホタテとエビのサラダ。メインは、チキンをもらいました。塩こしょうの入れ物がなんかかわいい。

P6282025.jpg
で、食事の後は、デザート。ハーゲンダッツのアイス、チョコとコーヒーです。

P6281993.jpg
やっぱりお空は楽しいです。
ちょっと遅れて香港に到着です。

ランキングに参加し始めました。しがない内容の記事ですが、内容をお読み頂けたら、下の「飛行機」に、ワンクリックお願いできませんでしょうか。よろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

キャセイラウンジ、どうよ?

スワンナプーム国際空港。チェックイン、パスポートコントロール、荷物検査とさーっと問題なく通り抜けて(ファストレーン使わせてもらっても、昼間なので、そうじゃなくてもサクサクそうでしたけど)、ラウンジでも向かいましょう!と意気込みます。

P6281969.jpg
またバンコクに戻ってこられるようこの人と、その下の人たちにお祈りをして(笑)

私は、いつもたいがい同じラウンジに行っていて、あんまり色々なラウンジに行くこととかないのですが、今回はせっかくなので、キャセイのラウンジに行かせてもらうことにしました。

P6281972.jpg
キャセイのラウンジでございます!

と意気込んで入ってみたのですが、うーん・・・ちょっと微妙な感じ。いつもお世話になっているラウンジの方が断然いい感じです。なにせ、まず、入り口がなんとか医院?みたいな感じが・・・。なるほど、いつものラウンジってこんなもんなのかなーって思っていたけど、なるほど、かなりいけてる方だったのね、と今メインで使っているキャリアに感謝。

そんなわけで、ランチは、こんな感じに・・
P6281973.jpg
さみしい・・・。

じゃ、JALの方?
と思って行ってみると、JALが飛んでる時間ではないようで、係の方に大きな声で、NOでした。ラウンジめぐりも思っていたほど楽ではないのね(涙)

そんなわけで、もう一つのキャセイラウンジに行って(こちらも双子?という感じ)、iPadで友達とスカイプ。ま、飲み物飲みながら、無線LANに接続して、ゆったり座れるのは、やっぱ良いわな(ゲートで待つとかおこちゃまがわいわい走りまくってたりして、ね、ちょっとあれですし)

とりあえず、香港のトランジットの時には、キャセイの本拠地ラウンジ楽しむぞ!と心に決めて、ゲートに向かいましょう!

P6281979.jpg
やっぱりかっこいいなと思ってしまう、この空港のデザイン!香港も好きですけど。

P6281982.jpg
F6から出発です!

まずは、香港に向かってレッツゴー!

ランキングに参加し始めました。しがない内容の記事ですが、内容をお読み頂けたら、下の「飛行機」に、ワンクリックお願いできませんでしょうか。よろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ホテル出発 から 空港チェックイン!

一日、一記事を目指しているのですが、なかなか難しいものですね(笑)

今回の旅行では、バンコク旅行中、短期ですが台北をはさんでいます。今日はその移動日。ホテルから空港に向かいます。

P6281937_20121019212136.jpg
2日だけでしたが、お世話になったシバテルホテル。とてもお特感のあるホテルでした。

P6281939.jpg
ホテルから歩くこと3−4分。プルンチット駅です。渋滞の多いバンコク。やっぱり駅へのアクセスの良いホテルは、非常に良い。

P6281945.jpg
電車でパヤタイ駅まで行きますよ。

P6281946.jpg
パヤタイ駅、到着。便利になったものですね。

P6281948.jpg
今回は鈍行列車の方ではなく、エクスプレスの方です。それにしても、90バーツって安いですよね(3ドルとか、そんな感じですよね)。

P6281958.jpg
エクスプレス、かなりすいていました。快適。

P6281960.jpg
空港到着。なんだかんだ言って、もしかすると、成田よりも使っているかもしれないスワンナプーム国際空港(笑)ここに来るとやっぱりワクワクしてしまいます。

P6281961.jpg
今回のキャリアは、キャセイ。色々あって香港経由にすることにしました。

P6281963.jpg
ありがたやのファストレーンでさくっと通り、これにご挨拶。時間はたっぷりあるので、ラウンジめぐりでもしようと思ったのですが・・・(続く)

チャルンクルン通りをてくてくと。

マンダリンオリエンタル・バンコクの「ル・ノルマンディー」で贅沢ランチを頂いた後は、チャルンクルン通りを歩いてみます。

ル・ノルマンディーでのランチレポは、こちら

P6271893.jpg

この通りって面白いですよね。ガイドブックによれば、上は王宮付近から、チャオプラヤ川に沿って、チャイナタウンを通って、南の方に延びていく通り。ラーマ四世が建設したバンコク市内で初の本格的な通りなんですね。完成当時の「ニューロード」という名前を定着しているそうな(外国人が馬車で通っていたんですね)。

P6271895.jpg
ローアルな感じたっぷりですよね。

P6271888.jpg
なんかとても味のある建物もあったりして、歩いているだけでも結構楽しいですよね。

P6271891.jpg
それにしても、こういうの。東南アジアを旅行すると、よくありますよね。ベトナムとかはもっとすごかったけど、なんかちょっと恐いと思ってしまうのは、日本人的に甘やかされてるのかなー。

P6271898.jpg

私的に興味のある景色は、こんな感じももの。ローカルと高級ホテル。別に何ってわけではないのですが、こういうのがバンコクの姿なんですかね。お金がない時からバンコクを旅行していますが、お金がある人、そうじゃない人、中くらいの人、色々な人をアコモデイトすることができる場所、バンコクのそんなところに引かれてしまいます。

ホテル出発ーサパーン・タクシンの船着き場から国立博物館へ

バンコク2日目の朝です。今日は、アクティブに活動しようと思っていたので、私的にはとっても早い8:00にホテルを出発。ホテルから徒歩3分(部屋から見えるぐらい近い)、サイアム線プロンチット駅から、まずは、サイアム駅へ。サイアム駅でシーロム線に乗り換えて、サパーン・タクシンに向かいます。

P6271903.jpg

P6271913.jpg

P6271907.jpg
サパーン・タクシン駅から見える景色。

サパーン・タクシン駅から例のエスカレーターを降りて、シャングリラ・ホテル・クルンテープウィングの横を通り、サパーン・タクシンのピア(船着き場)に向かいます。ピアへ向かう道にいる観光客、ソンテウドライバー、地元の人など、色んな人がいて面白い空間です。

P6271825.jpg

さて、船着き場に到着しました。150バーツを払って、一日自由に乗れるチケットを購入(本来なら、チケットは一回一回買った方が断然お得なわけですが、今回は買ってしまいました)。

さて、出発です!
P6271817.jpg

チャオプラヤ川のなんとも言えない臭いと風を感じながら、シャングリラ・ホテル・クルンテープウィングのなんともプライベートな空間の前を通って、ずんずんと進んでいます。

P6271823.jpg
オリエンテンの船着き場、今日のお昼は、こちらの「ル・ノルマンディー」の頂きます。

P6271826.jpg
船旅は、旅情があっていいですよね。チャオプラヤ川から対岸から見ると、色々な景色が見えて面白いです。

P6271835.jpg

やっぱり船から見えるこれ。何回見ても良いものですよね。実際に最後に行ったのは何年前だったかな。

P6271831.jpg

さて、目的のピアに到着。

P6271829.jpg

思ったよりも、結構遠いなと思いながら、とぼとぼとぼと歩き・・・
P6271832.jpg

こちらのバンコク国立博物館に到着しました。

P6271833_20121014075311.jpg

今回ここに来たのは、日本語ガイドで色々とタイの歴史を勉強させてもらうため。私一人しかガイドツアーには参加していなかったのですが、私一人に対して、3人の日本人ガイドの人が付いてくださり、タイの歴史、美術、民芸など、色々なことを勉強することができました。国立博物館の入場料は、200バーツ。色々なことを手取り足取り教えて頂きながら、この値段は納得です。午前中はしっかり勉強をし、これからオリエンタルホテルバンコクの「ル・ノルマンディー」で贅沢ランチを頂きます。

そのレポはこちら。

バンコク・シバテル・ホテル ー朝食レポー

しつこいようですが、バンコク・シバテル・ホテルのレポ、朝食編です。高級ホテルではありませんが、なかなかのシティーホテルであります。予約した時は、日本円で8000円程度。けっこう安いかなと思うのですが、ネットで調べてみると、もうちょっと値段が上がっています。人気が出てきたのかなー。

P6281929.jpg

さて、朝食会場です。夜はバーにもなっているレストランのようですね。超高級感はありませんが、新しくて、清潔感があります。

P6271795.jpg

朝ご飯、頂いていきます。
P6271800.jpg

コーヒーか、紅茶か、ということですけど、私は、専ら朝はコーヒー、午後は紅茶派です。これは、カプチーノですけど。朝から誰かにサーブしてもらうおいしいコーヒーは最高です。

まずは一皿目。
P6271801.jpg

もっとたくさん食べたいのですが、今回の旅行でも色々なものを食べる予定であるので、少し抑えめにいかなくてはなりません。朝、昼、夜での外食は、私には無理。

とか言いながら、
P6271799.jpg

オムレツも頂きます(笑)。レストランの外は、プールスペースになっているのですが、そこにもテーブルが並べられていて、そこに、卵を料理してもらえたり、ヌードルバーがあったり。バンコクのちょっと微妙な外の空気を吸い込みながら(笑)、プールサイドで朝食を頂くのもホリデー感があっていいですよね。でも、この日は、中で頂きました。

で、更に頂きます。
P6271797.jpg
やっぱり点心系のものにお特感を感じるタイプのようです。

レストランの外は、こんな感じのプールになっています。
P6271804.jpg
ホテルオークラじゃありませんが、いちおう迫り出し系のプールの構造になっています。でも、みんなが朝食を食べいる時には、あんまり泳ぎたくないかも。

P6271808.jpg

こちらは、滞在2日目の朝食のワンプレート。こちらは、気持ちよくプールサイドで頂きました。
P6281921.jpg

取り立てて高級感はありませんが、必要以上のものが揃っていますし、スタッフさんの対応も、なんか、こわっみたいな人がいましたが(2日目はにこやかでしたけど。なんか機嫌でも悪かったのかな)、全体的には悪くはありません。レストランもきれい、清潔。時期にもよるのでしょうが、とても静かでゆったりできました。部屋もスイートだし、二人で泊まれば、朝食が付いて一人一泊4000円。私の経験から言えば、立地条件を除けば、ホリデーインバンコクより部屋の感じはいいでしょうか(ホリデーインバンコクの方がちょっと高いですかね)。ホリデーインバンコクの方がちょっと朝食の種類が多いですけど、別に朝からそんなり食べられませんしね。朝食は、シンプルで、最低限で良いのかなとと思いますね。

いずれにしても、ホテルで食べる朝食は、最高ですね。

バンコク・シバテル・ホテル部屋の様子

今回泊まったバンコクは「シバテルホテル」の部屋レポです。

P6281935.jpg
玄関の感じ。高級ホテルじゃないので、シンプルなものです。それでも、ドアマンが、ドアを開けてくれます。*写真は、翌日朝のもの。

P6271772.jpg
今回の部屋は、こちら、2380号室。一応角部屋でしたかね。

このホテル、結構広いわりに、とってもリーズナブルなんですよ。日本円にしたら、8000円とかそんな感じなのですが、2部屋+ウォーキングクローゼット+とっても広いお風呂、という感じ。多分、PCR系で修行とかされている人なら分かると思うのですが、クラウンプラザ・シンガポールのセミ・スイートの、部屋が分かれている感じ(分かる人いらっしゃいますね?)。部屋の感じも新しくて、シンガポールのクラウンプラザににしています。

ちょっと夜の写真なので暗いのですが・・・
P6261747.jpg
エントランス。入ってすぐ左には、ウォークインクローゼットがあります。荷物は、そこに置かせてもらって。書き物ができるデスクがあります。私は、知り合いとかに現地から手紙を書くのが好きなので、便利と言えば便利。ちょっと仕事もしなくちゃいけないときとかもあるし、デスクは快適なものが良いですね。

P6261742_20121012204713.jpg
そして、これはリビングスペース。おっと思ったのは、テーブル(手前)があるということ、長く滞在する時なんかは、テイクアウェイのものを買って来て部屋で食事をするのも楽しいので、こういうのがあると良いですよね。大切な人と、わーわー言いながら買い込んできたものを開けて食べるときの楽しさ。良いですよね(今回は一人旅ですけど)。

奥に見えるようソファーも家族サイズ。写真の中には写っていませんが、ソファーの対面にはもちろん壁掛テレビ。私は、どうしてもベッドの上でテレビを見ることが好きなので、テレビは、ベッドルームの方で見ちゃうのですが、生活サイクルの違う者同士が長旅する時とかは、テレビ2つのスイートってストレスフリーで良いですよね。

P6261756.jpg
ウェルカムフルーツは、りんごドーン!

P6261748_20121012204713.jpg
こちらは、ベッドルーム。個人的なフェチなのですが、バンコクのクーラーがちょっときいた部屋、しかもふかふかのベッドで寝るときの快感。たまりません!

P6261758.jpg
そして、バスルーム。お風呂とっても広いです。ジャグジーのように見えるのですが、そうではありませんでした。めちゃくちゃきれいってわけではありませんが、いちおう、お風呂に入りながら、バンコクの夜景を見ることができますよ。リビングと同じく、お風呂場にも、ランの花を飾ってくれています。

P6261760.jpg
こちらがアメニティー。必要十分のものというところでしょうか。ま、それで良いのですけど。

P6261765.jpg
で、その他もろもろのセット。こちらは、シンプルなものなのですが、注目は緑のもの。マウスウォッシュです。高級ホテルに行ったりするとあったりしますけど、この値段で付いているっていうのはちょっと感動でした。歯は大切なものですからね。

ふっかりとしたベッドでゆっくりと休ませてもらいました。
次は、ホテルの朝食レポです。

バンコク・シバテル・ホテル到着 ー バンコクの夜町ぶらぶら。

今回のバンコク滞在では、色々なホテルに泊まることが目的だったのですが、最初のホテルは、こちらのシバテル・ホテルでした。

P6271814.jpg
こちらは、翌日の写真。チェックインは、夜でしたので。

場所は、チットロムからもう一つ離れて、プルンチット。もちろん便利な所でしゃあるけど、今までに来たことはありません。どんなところなのか、駅周辺的にも楽しみですし、次の休みには、ここにできた「オークラ プレステージバンコク」に泊まることにもなっているので、今思えば、下見という感じにもなりましたね。プルンチットとか、川沿いのホテルとか、シーロム界隈のホテルには泊まったことはあるのですが、こっちの方は初めて。ガシガシ行動する方ではないし、方向感覚も特に言い訳でもないので、ゆっくりゆっくりバンコクの各エリアに慣れていく感じ。悪くないです。

などと、前置きが長くなってしまいましたが、今回のバンコク旅行最初のホテル、シバテル。ネット上では、「タクシーの運転手が場所が分からなかった」という意見もありましたが、問題はありませんでした(確かに地図片手にという感じもあったのですが)。空港から400バーツとかそんな感じでした。

到着すると、すぐにポーターの人が荷物を手伝ってくれます。ここら辺は、とても気持ちも良いですし、「あーホリデーに来たぁ」感を盛り上げてくれます。一階がロビーになっているわけでなく、ちょっと上の方で、チェックインをする感じになっています。チェックインのスペースには、ラウンジもあって、手続きをしている間、そこで待たせてもらいます。

P6261734.jpg

待っている間に、こういうサービスもあります。
P6261738.jpg
ノンアルコールの冷たい飲み物。

その後部屋に向かったのですが、ちょっと部屋の紹介は、一つの記事にまとめた方が良いと思うので、それは次の時にということで。

ちょっと部屋で休んだ後、たっぷり食べた機内食を消化するために夜の町にウォーキングに向かいます。コースは、プルンチットからチットロム、サイアムまで向かいます。

夜のバンコク、外に出ると、どこかでだれかが何かを燃やしているような臭い、むっとした町の臭い、屋台の食べ物の臭いなど、色々な「臭い」が、バンコク、キターーーー!!という感じにさせてくれますね。

P6271780.jpg
チットロムまで歩いて、こちらに挨拶をして(良い旅行になりますように!)。

P6271789.jpg
こちら、時間も遅かったからでしょうか、それほど、混んではいませんでしたね。

チットロムからサイアムまではずっと繋がっていてホント、便利ですよね。雨が降っていたって大丈夫ですしね。ウォーキングにも最適です。

で、サイアムのセブンイレブンで買ったものがこちら。
P6271790.jpg
重度の便秘でもかなり効いちゃう「フィットネ」(チョコレート味)。これ本当に効きますよ。逆に、効きすぎてちょっとお腹痛くなったりしてしまうこともあるので、要注意です。旅行中はよく歩くのですが、それ以上に食べたりして太ってしまうので、出すものは出さないという感じで、けっこうお世話になることも。帰りは、逆に、サイアム、チットロム、プルンチットと歩いて、ホテルに帰りました。

バンコク・スコータイホテル宿泊記 ーその7ー

ずいぶん長い宿泊記になってしまっていますが、これが一応、スコータイホテルの最終記事です。チェックイン前にちょっとアフタヌーンティーでももらいましょう!ということで、ラウンジに。本当は、有名なチョコレートビュフェをもらいたいのですが、残念ながら、この日は平日ということで、普通のアフタヌーンティーセットです。

P7042992.jpg
ちょっと軽めにダージリンをもらうことにしました。

P7042995.jpg
こちらのトマトの冷スープで、お腹を動かすのと、口の中をさっぱりと。

P7043001.jpg

こちらが本日のアフタヌーンティーです。スコーン、ケーキ類、サンドイッチの3点セットですね。見た目も良いですし、一つ一つのアイテムの味もとてもよろしかったです。素敵なホテルに泊まりながら、最後に素敵なアフタヌーンティーを頂くことができてとても幸せな気分。チェックアウトをさせてもらい、タクシーで次のホテルに向かうことにしましょう。

スコータイホテル、とても素晴らしいホテルでした。

バンコク・スコータイホテル宿泊記 ーその6ー

もう少しでチェックアウトの時間なのですが、せっかくなので、プールでゆっくりさせてもらうことにしました。

ちょっと天気が悪かったというか、雨がやんだばっかり、という感じでしたね。
P7042981.jpg

お客さんは、私ともう一人という感じで、とても静かに、時間を過ごすことができます。ホテルまで来て、市民プール状態というは避けたいですし(笑)

P7042988.jpg

プールサイドにはだれもおらず、ほぼ貸し切り状態。もっと天気が良ければきれいなのでしょうが、それでも、全体的な色の調和とかは、高級ホテルならではのもの。

P7042987.jpg

ちょこちょこと泳いだり、デッキに寝転がって、動画三昧。リラックスさせてもらいました。写真は、コンプのつめたーい飲み物と水。こういう気遣いも良いものですよね。

さて、チェックアウトの時間も間近。でも、その前に、お昼代わりのアフタヌーンティーでも頂きましょう!
プロフィール

tabigata

Author:tabigata

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。