スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Luang Prabang-2012] シーサワンウォン通り歩き(昼間)

今回のルアンプラバン、基本的には、町を歩いたり、レストランで美味しいものを食べたり、お寺を見たり、カフェでのんびりしたりと、いつものゆっくりパターンでした。メインの町歩きは、町の中央を走るシーサワンウォン通りだったのですが、その通りの様子を紹介したいと思います。

foodpic2460466.jpg

ちょっと観光地化が進んでいますが、メインストリートのシーサワンウォン通り(途中でサッカリン通りと名前を変えます)。観光客がよく目にする托鉢とかもここで行われています(知り合いによると、もっとローカルな托鉢は、ここではない、もっと細い通りで行われているそうです)。昼間も、夜も、観光客が多いですが(てか基本観光客がメインですよね)、通りを上へ上へ上がっていくと、静かな環境に変わっていきます。次は、この通りのさきっぽの方に宿を取るのも良いかなーなんて思いました。

foodpic2460488.jpg

ルアンプラバンに来たことのある人なら絶対見たことのある交差点。この日は、とても天気が良く、気持ちよく散歩を楽しむことができました。

foodpic2460485.jpg



foodpic2460463.jpg

シーサワンウォン通りからの脇道。この通りには、雰囲気の良さそうな宿がたくさんありました。こういう路地の感じ、好きです。

foodpic2460487.jpg


foodpic2460475.jpg

この通りには、寺院や僧院もたくさんあって、こんな風景も見ることもできます。私には絶対にできませんが、必要最低限に押さえた生活にも、どこかしら憧れと、うらやましさを感じるものです。

foodpic2460472.jpg

3年前にルアンプラバンに来た時にもトゥクトゥクはありましたが、今回来て思ったのは、客引きのトゥクトゥクが増えたなーということ。観光地になると、やっぱりそういうこともあるのかなと、素人ながらそう思ったりもします。まぁ、ルアンプラバンの町中のみを見る場合、トゥクトゥクの出番は、ちょっとなさそうですね。てくてく歩けるぐらいの町のサイズであることがルアンプラバンの魅力であったりもします。

foodpic2460464.jpg

なんかやっぱり気になる他の国の学校教育。こちらは、小学校。ラオスの先生ってやっぱり厳しいのかなと思う一面も目撃したり。

foodpic2460479.jpg

実際に使われている手作りの籠。味があっていいなと思います。

foodpic2460493.jpg

こちらは、メインストリートではないのですが、なかなかいい雰囲気の商店。

滞在中は、やっぱりシーサワンウォン通りを行ったり来たり。とても小さい町ですが、私的には、飽きないところであります。ルアンプラバンには、私を飽きさせないような色々な要素がそろっているのかもしれません。

foodpic2457190.jpg

そのシーサワンウォン通りを見守る犬。堂々たる貫禄です(笑)
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://tabigata.blog.fc2.com/tb.php/14-7ebbb85d

Comment

hungrykaz | URL | 2012.06.23 09:11
tabigataさん こんにちは。
なつかしい風景がいっぱいです。いいですねー脇道。僕もああいう雰囲気が好きで脇道を歩いていて、たまたま若い僧侶が仏像を彫ってる場面に遭遇したときは感動(というか興奮)しました。
托鉢の行列は大通りだけではなく裏通り(?)もぐるぐる練り歩くはずで、なので観光客が少ない裏通りで見たほうが、同じものをゆっくり見られてお得です。
Chempaka | URL | 2012.06.24 02:51
そうですか~。。。トゥクトゥクの客引きが増えましたか~。。。
僕も3年前なんですけど街中で『トランスポート?』とか
声を掛けるドライバーなんていなかったですねえ~

脇道。シーサワン通りからメコン川沿いの道に抜ける脇道とか
逆にナムウー川に抜ける道に、ワクワクするような小道があって
よく散歩したものです。。。

おっしゃる通り、ワットシェントーン付近とか少し静かな場所で
宿をとるのもいいかも!!

ルアンパバーン。大好きなアジアの街の一つです!

chempakaでした!
tabigata | URL | 2012.06.24 12:25
今日は。旅行に行って来たのは、まだ半年前なのに、自分で旅行記をアップしていて、懐かしい感じがしてしまいました。観光客が確かに多いですが、ちょっと路地に入ると、普段のルアンプラバンが見えたようで、いいなと思いました。

托鉢は、メインの通りで見ましたが、今度(はいつになる?)、ルアンプラバンに行った時には、路地で見てみたいと思っています。
tabigata | URL | 2012.06.24 12:32
どうもです。

そうなんですよね。3年前は、トゥクトゥクの勧誘とかなかったんですよね。断り続けていると、なんかちょっと悪いのと、めんどうなので、一個人としては、してくれなくても・・・と思ってしまうのですが、それがアジアの町の活気さでもありますよね。

ワットシェントーンのあたり、しずかで良いですよね。建物も乱立していませんから、日のよくあたるゲストハウスのベランダでゆっくり本を読む人がいて、休みの極みだなと思いました。

ホント、ワクワクする脇道がたくさんありますよね、ルアンプラバンって。今度は、いつ行くことになるのか。アジアには、行きたいところがありすぎて、すぐには行けそうにはありませんが。
Comment Form
公開設定

プロフィール

tabigata

Author:tabigata

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。